O阪府びびぱん邸

びびんばとぱんだのいえづくり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWのプチDIY報告

先月、家の定期点検で横田満康建築研究所の大工さんが来られまして、そのとき指摘された箇所。

バルコニーの出入口になってる掃出窓の窓枠のニスがはがれてきている。
この箇所は雨も陽もよく当たるので、窓枠が痛まないようにニスを塗り直しましょう。

というわけで、これが今年のゴールデンウィークの宿題。

先ずは窓枠の塗装する部分以外を養生。
これがいちばんめんどくさい。

サンドペーパーで古い塗装を削り、クリアーのウレタンニスを塗る。
乾いたら240番のペーパーでならし、クリアーのウレタンニスを塗る。
乾いたら240番のペーパーでならし、クリアーのウレタンニスを塗る。

三度塗りです。

家の建築中は、あちこちの窓枠や建具をこうやって塗装したなぁ。たいへんでした…。



で、特に施工中の写真とかはないんで、完成写真のみ。
グロス気味のニスを使ったのでピカッとしてます。

(びびんば)
スポンサーサイト

シャリシャリ君

あけましておめでとうございます(笑)、びびんばです(今年初めての記事)。

さて、結婚して10年と半年使ってきたわが家の冷蔵庫。



ある日冷凍庫を開けると、僕のガリガリ君がシャリシャリ君になっておりました。

ので、新しい冷蔵庫を急遽購入。



ユニック搬入だぜ!



わが家の階段は冷蔵庫を搬入するには幅が狭いため、ユニックが必須=追加料金がかかる…。



新しい冷蔵庫は前のものよりも外径が少しだけ小さくなり、内容量は大きくなりました。
フラットなデザインも気に入っております。

しかしこの出費のおかげで、ルンバ購入がまたひとつ遠のきました…。

(びびんば)

バルコニーが明るくなったりならなかったり。

こんばんは、びびんばです。
前回のつづきです。

バルコニーが明るい理由、それはこれです。



先日ホームセンターで現場照明を買いました。

131018b.jpg

クリップ式なので、好きなときに好きな場所に設置出来て便利です。

131018c.jpg

今までバルコニーで晩ご飯を食べる時は、隣接した室内の明かりと手元のランプ(ろうそく)だけが頼りだったのですが、これからは夜のバルコニーでも夜行性文化的な食生活が楽しめそうです。
(サムギョプサル用の鉄板を買いました。)

(びびんば)

ウッドデッキに塗装をしてみた。

こんばんは、びびんばです。

今年のGWの4連休を利用して、バルコニーのウッドデッキの塗装を行いました。

わが家のデッキ材はサイプレス(豪州ヒノキ)。
耐久性に優れていると言われているサイプレスではありますが、引渡しから3年半、劣化や腐食等はありませんが、徐々に経年による変色が見られるようになりました。
もともと、木の色からシルバーグレーに変わっていくものだとは聞いていましたが、やはり当初の木の色が気に入っていたので、なるべくその色を維持したいと思ったのです。

1日目。
デッキ材を高圧洗浄機で水洗い。大工さんにデッキをスノコ状に作ってもらっていたので、デッキ材の畳上げ(?)は比較的容易です。今までも年に2回ほどこうして、デッキ材とバルコニーのFRPの床材の洗浄を行っています。



2日目。
クリアの水性アクリル樹脂塗料を使って、まずはデッキ材の裏面を塗装(1回塗り)。
よく見ると、スノコのゲタ部分もサイプレスを使っていたんですね(今まであまり気にしていなかった)。

130506b.jpg

3日目。
今度はデッキ材の表面を塗装。
当初、裏面と同様に1回塗りの予定でしたが、途中で塗料がなくなって買い足したので2回塗りに変更。
表面は普段足の裏が当たる場所でもあるので、結果的にはその方が良かったかも。

130506c.jpg

4日目。
前日から自然乾燥させていたので、元通りに床に並べると完成です。

130506d.jpg

130506e.jpg

完成写真はこちら。

130506f.jpg

130506g.jpg

クリア塗料ですが木材に浸透するので、思っていたよりも良い色に仕上がりました。

130506h.jpg

エアコンの室外機を置いていた箇所だけは3年半手つかずだったのでこの有様ですが…。
(今回場所を入れ替えました。)

130506i.jpg

作業中、ずっとリビングに避難していたバルコニーの鉢植え三兄弟の皆さんもお疲れさまでした。

(びびんば)

あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう

そういえば、先ほどのエントリを書くのに横田さんのblogを見ていて気づいたのですが、これ、インスタグラム経由でツイッターとフェイスブックでは紹介したけど、まだblogには書いてなかった。


『イケアでキッチンを作ったらどうしてこんなに楽しいんだろう!』というIKEAキッチン事例集の冊子に、びびぱん邸も載せてもらいました。

IKEAで開催される横田建築のキッチンセミナーなどで配付されるようですよ。
詳しくは、横田さんのblogのこの記事この記事をチェックです。

ちなみに冊子のタイトルは、岡村靖幸の「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」にインスパイアされて名付けられたそうです。

「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」、通称「あのロン」は、岡村靖幸の代表的な青春ソングなんですが、歌詞の一部をそのまま曲名にしてしまうセンスは、岡村靖幸の先鋭的な天才性を表しています。
1990年の話ですよ?
これは、「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」よりも3年、そして「全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ」よりも15年も早かった。



(びびんば)

HomeNext ≫

プロフィール

びびんば+ぱんだ

Author:びびんば+ぱんだ

※ 当blogにコメント欄は設置しておりません。本サイトのBBSをご利用下さい。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。