O阪府びびぱん邸

びびんばとぱんだのいえづくり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンギな土地。

びびぱんが買った土地、実はなかなか一筋縄ではいかない土地でした。

【家の建てられない土地】

いわゆる "但し書き道路" って聞いたことありますか?

家を建てるには、敷地が建築基準法上の "道路" に2メートル以上接道している必要があります(第42条第1項)。
建築基準法上の "道路" とは幅員4メートル(または6メートル)以上で、ある条件を満たしたものを言うのですが、例外として、幅員4メートル(または6メートル)に満たなくとも一定の条件を満たせば、建築が認められます(同条第2項)。
実は、びびぱんの土地は、その第42条第2項にも当てはまらず、本来建築は不可能な土地だったのです。

と言ってもそんな土地を不動産業者が宅地として仲介などするはずはなく、建築が認められる方法があるのです。それが第43条第1項の但し書きに規定されています。
一定の条件を満たして、なおかつ建築審査会の同意を得て市が許可した場合は建築が認められるというのがそれで、そんな土地が "但し書き道路" と呼ばれていたのでした。

こういうことは、この土地を買うに当たって、勉強して知りました。
"但し書き道路" の場合は住宅ローンがおりにくいという話も、R銀行の相談会に行ったときに知りました。
もっとも、もともとアパートか何かの建っていた土地を3分割して分譲したうちの1区画であり、この記事を書いている2009年3月26日時点で、すでに残りの2区画のうちの1区画には許可が下りて家が建っているので、建築が認められないのではという心配はほとんどしていません。
また、こういう悪い条件のおかげで近隣の相場よりも安く買えたのだろうから、結果オーライッ。

【水の出ない家】

これは初めてTハウジングに行ったときから聞いていました。
敷地には口径の小さい水道管しか来ていないため圧力が足らず、2階(や3階)に水を上げるにはポンプが必要だということです。

ただし本管から口径の大きい水道管を引き直すことが出来るかもしれないという話だったので、出来ればその方が良いとTハウジングには伝えていました。
ポンプを設置するのにも維持管理にも余分なお金がかかりますからね(びびぱんの目指しているのは、なるべくメンテの手間と費用のかからない家)。

結論だけ書くと、昨年のうちに無事本管から新しい水道管を引くことが出来ました。結果オーライッ。
その工事費用は決済のときに清算しています。

【燃える家はNG】

設計が始まって担当の佐々木さんに話を聞くまでよく理解していませんでしたが、びびぱんの土地は準防火地域に指定されていました。
要は、外壁等には不燃材を使用しなければならないということです。

これにより、木材を使ったデッキや目隠し(ルーバー)は不可となりました。残念。

まぁ、木のデッキやルーバーはメンテの手間がかかるので、考えようによっては、木に見える不燃材のデッキや金属のルーバーの方で良かったのだろうと思います。
これも結果オーライッ。

--
ほかにも一筋縄でいかないことはあるのですが、現在まだ進行中のこともあり、また折りを見て書いていきたいと思います。

(びびんば)

Home

プロフィール

びびんば+ぱんだ

Author:びびんば+ぱんだ

※ 当blogにコメント欄は設置しておりません。本サイトのBBSをご利用下さい。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。